相続トラブルを回避しよう|法律家のプロに相談

悩みは弁護士に相談しよう

相続に関する問題は、相模原にある弁護士事務所に相談するとよいでしょう。相模原にある弁護士事務所では様々なサービスを行なっているところが多いため、利用する際にはきちんと内容を確認しておくことが大切です。現在では、ホームページなどで簡単に調べることができます。

過払い利息を回収するには

お金を持つ人

過去にグレーゾーン金利で借りていた方は、過払い金の返還請求を検討してみましょう。弁護士に依頼すれば代行してくれますし、福岡の業者以外からも回収が行えます。時効になると回収不可能となるので、その前に相談して返還請求をしてください。

障害を持つ子供がいる時は

ファミリー

信託サービスを利用する

大阪には、信託サービスを提供している法律事務所があります。信託というのは、被相続人が持つ特定の財産を受託者に委託し、被相続人の死亡後に受益者である相続人が間違いなくその財産から生ずる恩恵を受けられるようにするための法的制度です。信託サービスはいろいろな目的に利用することができますが、大阪では知的障害がある子供を持つ親が、その子供の将来の生活費を確保しておくために、弁護士の信託サービスを利用するケースが多くなっています。知的障害がある子供に普通に財産を残してやったとしても、子供は自分で財産を管理できる能力を有していないため、悪い人に財産を横取りされてしまう可能性があります。親としては、自分が死んだ後も子供がちゃんと生きていけるように、少なくとも経済的な問題だけは解決しておいてやりたいと考えるのが普通です。そのために大阪でよく利用されているのが、先程述べた弁護士の信託サービスです。弁護士が信託財産をしっかりと管理し、それを相続人である子供のためにだけ使ってくれるようになっているため、親は安心することができます。万が一、親が自己破産してしまうことがあったとしても、信託財産の所有権は受託者である弁護士に移っていますので、破産の効力が信託財産にまで及ぶことはありません。また、家族信託よりも信頼できるというメリットがあります。大阪にある法律事務所の多くが様々な種類の相続サポートサービスを提供していますが、ここ数年は信託サービスを利用する人が増えています。自分の死後も愛する我が子を守ってやれるようになるため、知的障害がある子供を持つ親の間では弁護士の信託サービスが人気になっています。

遺言書を用意しておく

PCを操作する女性

遺言とは故人が死後のために遺しておく文章のことです。遺言を遺すことで財産分与などを故人が考えていたように行うことができます。一方で遺言作成にはいくつかの方法がありますが、死後に迅速に遺言を履行させたい場合には公正証書遺言を作成する必要があります。