相続トラブルを回避しよう|法律家のプロに相談

遺言書を用意しておく

PCを操作する女性

遺言書を作るには

遺言とは故人が自らの死後のために遺した文章のことです。遺言には2つあり、純粋に故人がメッセージとして遺したものと、故人の財産などの処分方法について遺したものがあります。しかし、財産などの処分に関するものは一定のルールに則って作成しなければ法的な効力を発揮しませんし、また実際に実行してくれるかも不透明です。遺言書の種類としては、公正証書遺言と自筆証書遺言の2つがあります。公正証書遺言は、公証役場で遺言作成を行ってくれるもので、公証人が作成に関与するので不備がなく原本は公証役場で保管されます。また公証役場で遺言作成をしたものは相続時に検認手続きが不要です。ただし、作成する際には証人2人を用意する必要がありますし、書き直しをするたびに費用も掛かるなど簡単には行えないのがデメリットといえます。一方で自筆証書遺言の場合には本人が自筆で書くことで認められるものです。費用は掛かりませんが、デメリットとしては自筆である必要があること、ルールを守らないで書くと不備によって無効になる可能性がある、また保管も自身で行わなければならず紛失、改ざんの可能性もありますし遺言作成をしたことを周囲に伝えていなければ発見されずに、遺言通りにならないことなどがあります。また相続時には検認手続きが必要になります。遺言作成でも公正証書遺言とした方が良いのは、相続人が大多数になると考えられること、相続人間の感情的対立が予想できること、相続人以外の者に財産を渡したいといったケースがあります。